ナビゲーションリニューアル

(平日 12:00~18:00、土日祝 9:00~18:00)
※定休日 火・水 を除く

party report

オリエンタルホテルのパーティーレポート

NEW!〈2021年9月最新レポート〉
2年越しに叶えたおふたりらしい
自然体ウェディング

披露宴会場 : ザ・オリエンタルルーム

挙式スタイル : キリスト教式

参列人数 : 73名

ーWedding reportー

2019年秋にお越しいただき神戸の街並み居留地の洗練された雰囲気に魅力を感じてくださったおふたり
コロナ禍を経て2年越しに叶えたウェディングをご紹介します

ーお支度ー

ファーストミートに備えてお支度は別々に
新婦さまが運命の一着に選んだドレスのレースを引き立て美しく見えるよう
あえてヘアスタイルやベールはシンプルに

ーFirst meetー

ブーケを手に新婦さまの到着を待つ新郎さま
顔を見合わせた瞬間おふたりから笑みがこぼれます
リラックスした表情で心からこの時を楽しみにされていた様子が印象的です

ーWedding Dressー

新婦さまが憧れのザ・トリートドレッシングで出会った運命の一着は アントニオ・リーヴァ
(ANTONIO RIVA)
建築を学んでいたデザイナーが生み出す構築的なシルエットが特徴
エレガントな気品を感じさせるワンランク上のウエディングドレスブランドです
挙式で着用されたレースのロングスリーブのドレスは新婦さまが一目惚れして選んだもの、
立体的なレースが目をひくクラシックかつ高級感のある一着


ーReception itemー

こだわりのレセプションアイテムはご友人にオーダーされたもの
前撮りのお写真やプロフィールを綴り、さらにおふたりからゲストへの直筆のメッセージも添えておもてなしを

ーFlower coordinationー

会場コーディネートを担当したのは五十嵐規高さん
一足先にゲストに秋を感じてもらえるようなテラコッタとボルドーをテーマカラーに花材をセレクト
ケイトウ・モカラ・アンスリウム・ドラセナなどオリエンタルなお花を中心にエッジの効いたかっこよさを表現
花器も陶器をあしらってマットな雰囲気に

ーWedding cakeー

会場コーディネートの色味に合わせてグラデーションカラーのチョコレートをあしらった
オーダーメイドケーキ

ーThanks biteー

おふたりのファーストバイトの後は、ご友人へのサンクスバイト
サンクスバイトとは、ウェディングケーキを新郎新婦からお世話になった誰かに、感謝の気持ちを込めて食べさせてあげるゲスト参加型の演出

今回はおふたりの縁を繋いでくださった新婦さまのご友人へ感謝の気持ちを込めてサンクスバイト、
そして新郎さまのご友人へはひときわ大きなスプーンでバイト、会場が笑いで盛り上がりました



ー2021 Autumn Cuisineー

おふたりがおもてなしに選ばれたお料理は
シェフが季節ごとに特選素材で仕上げるオリエンタルホテルのオリジナルコース

香住産紅ずわい蟹 汲み上げ湯葉 三杯酢ジュレ
特製前菜四種盛り[炙りカンパチ 唐墨 / キャビア最中 / 甘鯛の鱗揚げ 九条葱ソース / 合鴨醤油煮]
神戸牛とフォアグラのお寿司仕立て
金目鯛の鱗揚げ 青海苔バターソース
国産牛ロース 淡路玉葱 大葉の香り
真鯛といくらの海苔寿司
丹波産和栗のモンブラン / 黒葡萄とレモンのジュレ シャンパンのグラニテ

新郎さまのデザートには「奥さんにしてくれてありがとう」のメッセージを添えて

ーお色直し退場ー

エスコートは新婦さまのお姉さまと。お姉さまの結婚式でも流したおふたり共通の大好きアーティストの曲でご退場
そして、ご退場後お母さまから渡されたのは1冊のBOOK「Just for you」

 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 

 最高の結婚式お目出当う

 人生は楽しく行く路は長い

 人生はあっとゆうまに歳を取る

 人生は笑夢愛忘れない事

 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

そこには節目を迎える娘へ、幸せを願う親御さまからの想いが綴られていました




ー再入場ー

会場の照明を少し落としておふたりのプロフィールVTRを上映後
「情熱大陸」のテーマ曲でもある葉加瀬太郎『Etupirka エトピリカ』
新郎さまが懐かしのリコーダーで演奏しながら(実際には演奏風で)入場するというゲストへのサプライズ

ーChanging dressー

前半のクラシックな雰囲気とガラリと変えてエレガントな装いに。
二着目のウェディングドレスもアントニオ・リーヴァ(ANTONIO RIVA )をセレクト
スレンダーラインのドレスですが、後ろ姿はアントニオらしい構築的で複雑なリボンデザインが目を引く一着
ヘアもダウンスタイルにチェンジ。パールのカチューシャが新婦さまの女性らしい雰囲気を引き立てます

ーWedding entertainmentー

会場が大盛り上がりしたのが各テーブル対抗の似顔絵大会
各テーブルに配られたたスケッチブックに
新郎新婦の顔のパーツ「輪郭」「目」「眉毛」「口」などテーブル内のメンバーで分担して仕上げていきます
仕上がった似顔絵に会場からは歓声や笑い声が溢れました
おふたりが審査員となり優勝の似顔絵を仕上げたチームには新郎新婦さまからのプレゼントを

パーティーの進行を考えるにあたりおふたりの中心にあった「ゲストをたのしませたい」という想い
その気持ちをゲストが受け取り、会場が盛り上がり結果的におふたりもゲストにたのしませてもらう
そんな120%HAPPYな空間だったという当日の司会者さんが教えてくれました



ーお披楽喜・退場ー

想いを伝えるお手紙、両家謝辞を終えてお披楽喜の時間
披露宴の延期を含め、無事晴れの日を迎えることが出来たおふたりの達成感と安堵が後ろ姿から伝わってきます

ーLocation photoー

宴後、日が暮れた居留地でのロケーションフォト
ドレスから私服に着替えてお散歩しながらの撮影も
お部屋から神戸の夜景を眺め、パーティーの一日の余韻を感じられるのも滞在型ウェディングの魅力です

ーStaff creditー

Wedding planner:竹内彩夏
Photographer:guppy(la-viephoto) Labo-la
Florist:五十嵐規高


party report