ナビゲーションリニューアル

(平日 12:00~18:00、土日祝 9:00~18:00)
※定休日 火・水 を除く

party report

オリエンタルホテルのパーティーレポート

〈2022年2月最新レポート〉
上質なアイテムで叶えるおふたりらしい
ウェディング/想いを届ける
『ダーズンローズセレモニー』

披露宴会場 : ザ・オリエンタルルーム

挙式スタイル : 人前式

参列人数 : 51名

ーWedding party reportー

学生時代にアパレルショップのアルバイトで出会ったおふたり

お洋服が大好きで、おしゃれを楽しむおふたりが選ぶこだわりのウェデングアイテム

衣装・お花・写真・レセプションのおもてなし…

人とかぶらないオリジナルウェデングをご紹介します



※Photographer iwami 指名 オプションの私服撮影

ーReception itemー

おふたりがおもてなしにご用意されたのが厳選した自然材料を使い一粒一粒、手作業で作られた

「NUMBER SUGAR」のキャラメル

包みにはナンバーが印字されており、ゲストがお好きなものをひとつづつピックアップ

ゲストが選んだキャラメルのナンバーが後のパーティーへの演出へと繋がります

ーFirst meetー

はにかみながら新婦さまを待つ新郎さま 

少し緊張の面持ちで新郎さまの肩を叩く新婦さま

普段とは違う相手の姿にドキドキして、気持ちが高まる

ゲストに会う前の二人だけの瞬間

ーBride's outfitー


Dress:TREAT MAISON
Earrings:Oscar de la Renta

ファッションショーのように衣装も楽しみたいとおしゃっていた新婦さま

セレクトされたのはTHE TREAT DRESSINGのアトリエから誕生したブランド

TREAT MAISON(トリート・メゾン)の2nd Collection

フィット感が心地よいクリーンでミニマムなクレープ素材のドレスで

女性らしいボディーラインを感じるシルエットに、贅沢な生地使いでたっぷり広がるスカート

軽やかさもありながらも凛とした印象に

小物にセレクトしたのはTOMO KOIZUMI(トモ・コイズミ)のシグネチャーでもある

ラッフルチュールをふんだんに使用したベールとグローブ

柔らかいアイボリーの立体的なチュールは優しくもゴージャスな雰囲気に

イヤリングはオスカー・デ・ラ・レンタの存在感のあるブラックイアリングを




※TOMO KOIZUMIのお取り扱いは3月を持ちまして終了しております

ーHistory of Dozen rose ー

人前式でとりおこなわれたのは「ダーズンローズセレモニー」

ダーズンローズ(dozen rose)とは1ダース(12本)のバラを意味し

それぞれに「感謝・誠実・幸福・信頼・希望・愛情・情熱・真実・尊敬・栄光・努力・永遠」の意味が込められています

この花言葉それぞれ、思い浮かぶ人をおふたりが選び、司会者がおふたりからのメッセージを添えてしゲストを紹介

ふたりの幸せを願いながら12名のゲストから新郎さまへバラを託します

新郎さまがゲストから受け取った12本のバラを花束にしてプロポーズの言葉とともに新婦に贈ります

サプライズでのひざまずいての告白に新婦さまの目から思わず涙が溢れます

ーClosing hugー

挙式の退場シーンで扉が閉まる直前におこなうクロージングハグ。ゲストからの温かい拍手に包まれます

ーFlower coordinationー

会場コーディネートを担当したのは廖莉玲さん

フラワーパートナーJIELIのデザイナーで、おふたりに合わせたオーダーメイドの提案に定評があります

ウェディングブーケに使われたバラは、お洒落なおふたりの「らしさ」を表現するために、

ありきたりな白いバラでは無く「ブラックティー」という、香りも他のバラと違う珍しい濃い紅茶色をセレクト

結婚してから、ゆっくりおふたりでで紅茶を飲んだ時に、当日を思い出してももらえたら、、そんな想いも込められています

ーThe arrival of the bride and groomー

スタイルチェンジをしてパーティーのご入場

ウェディングドレスにアレンジしたのは、袖から背中にかけて流れるような動きがでる柔らかなプリーツチュール

新婦さまの体のラインをより美しく引き立て、腕周りも華奢にみせてくれます

シンプルでありながらもファッショナブルなコーディネート

同じウェディングドレスでも大きく印象を変えることができます

ーEscortー

新婦さまのエスコートはお母さまとサプライズでお声をかけたお祖母さま

晴れの日の喜びに笑顔溢れるシーンとなりました

ーReception itemー

前撮り撮影されたお写真をコラージュしたり、お気に入りの香水を飾ったり

レセプションアイテムもおふたりのこだわりが詰まった空間に

ーChanging dressー

お色直しで二着目にセレクトされたのはNAEEM KHAN(ナイーム カーン)

ディティールにこだわったドレスを創りたいというデザイナーの思いから

すべての工程において職人の技巧が尽くされた特別感のある一着

ウェディングドレスでありながらもモードでカジュアルなデザインは、お二人の雰囲気にぴったりです

印象的なヘッドアクセサリーは新婦さまご自身でセレクトされたもの

新郎さまもジャケットをホワイトにお召し替えされより統一感の出るスタイリングに

ーEntertainmentー

レセプションで配られたナンバーシュガーのキャラメル

新郎新婦さまが引いた番号の方と、じゃんけんをして最後まで勝ち残ったゲストの方へプレゼントを

シンプルながらもゲスト参加型の演出で会場は大いに盛り上がりました

ーOne more cheersー

披露宴の結びにおこなった「ワンモアチアーズ」

日本の結婚式ではまだあまり馴染みが薄いかも知れませんが

パーティーの最後にもう一度乾杯をする海外では結婚式の定番の演出です

「Cheers」には乾杯の意味のほかに「ありがとう」という想いも込められています

はじまりの乾杯とはまた違い、披露宴のこの時間を過ごしたからこその

おふたりからの「ありがとう」、ゲストからの「おめでとう」

という想いを伝え合う、会場全体が一体感に包まれた瞬間

ご両家の親御さま同士も乾杯を交わし、ふたつの家族がおふたりを介して結びつき

またここに新たなご家族が誕生しました

ーStaff creditー

Wedding planner:竹内彩夏

Photographer:iwami(la-viephoto)

Florist:廖莉玲(JIELI)

party report